ビットコインがVISA加盟店で使える!?魔法のカード「バンドルカード」

バンドルカードTop

魔法のカード「バンドルカード」

 

TREZORを手に入れた方は、ビットコイン(Bitcoin)を安心して、使える環境が少しずつ整ったことだと思います。

今後も価格が上昇していくことは、世界の大手企業の参入から見ても、間違いないでしょう。

しかし、ビットコイン(Bitcoin)を入手したのはいいものの、こんなことに悩まされていませんか?

 

・ビットコインを手にしたはいいけど、使い方がいまいち分からない

・使える店が少なくて困っている

・もっと気軽にビットコインを使いたい

・子供のお小遣いをビットコインで渡したい

 

今回そんな悩みを解決してくれるカードがこの「バンドルカード」です。

バンドルカードは、ビットコイン(Bitcoin)で入金ができ、VISA加盟店であれば使用することができるプリペイドカードです。

一部使用できない店もありますが、VISA加盟店は日本に多く存在するため、ビットコインの可能性を広げてくれます。

 

バンドルカードの特徴

 

・VISA対応店で利用が可能

・携帯のアプリから支払い、入金ができる

・ビットコインで入金(チャージ)ができる

・使用する際にバーチャルカードか、実際のカードのどちらかから支払いを選べる

・残高確認や、不正使用を簡単にチェックできる

・手数料が安く、発行が短時間でできる

・チャージして使うため、使い過ぎることがない

・18歳未満でも発行可能(保護者の同意が必要)

 

このバンドルカードは、ビットコインで入金ができるプリペイドカードです。

バンドルカードはCoincheckと提携をしているサービスで、Andoroidと、iosに対応したアプリがあります。

入金方法にはビットコインでの入金の他に、コンビニ入金、ネット銀行振込などがあります。

アプリ内にバーチャルのバンドルカードが存在しており、入金がされていれば、ネットショッピング(VISA対応店)ができます。

しかし、バーチャルカードでは、ネットショッピングはできても、実際の店舗での支払いはできません。

その場合には、実際のカードを発行(発行手数料300円)することで、実店舗での支払いが可能となります。

アプリですぐに残高の確認や、通知により不正使用がわかるため、安心して使用できます。

ビットコインを利用するのに、デビットカードなどが有名ですが、手数料が高かったり、発行までに数週間とかかるため少し敷居が高いですが、バンドルカードはその逆です。

手数料は安く、バーチャルカードであれば、アプリのインストールから発行まで、10分程度で終わってしまいます。

チャージしておける金額は、10万円が上限となっているため、それ以上使いすぎる心配がありません。

プリペイドカードのため、18歳未満でも発行が可能です。

その場合発行するには、保護者の同意が必要となります。

 

 

バンドルカードの注意点

 

バンドルカードを使用するにあたり、注意すべきことが何点かあります。

 

・VISA対応店でも一部使用ができない

・10万円を超える買い物ができない

・口座維持のための手数料がある

・カードは1人、1枚まで

 

VISA対応店であっても一部使用できないお店があることは、先ほど触れました。

詳しく解説はしませんが、決済の仕組みが違うために起こります。

使用する前に、公式サイトを確認してください。

 

 

プリペイドカードの上限額が10万円と決まっているため、これ以上の金額での購入はできません。

月にチャージできる上限も決まっているので、そこにも注意して利用してください。

バンドルカードは、120日間未利用の場合、口座維持費として30日毎に100円を支払う必要があります。

口座の残高から引き落とせない場合、解約になってしまいます。

120日を超えず、日頃から利用していれば、維持費もかからないので、安心して利用してください。

カードはプリペイドカードですが、1人につき、1枚までです。

複数枚所持をした場合の措置は、公式の情報に記載していませんが、凍結や、強制解約の恐れがあるので、そのような行動は控えましょう。

 

バンドルカードへ登録

 

バンドルカードを手に入れるには、アプリをダウンロードして登録をする必要があります。

持っているスマホに対応するアプリをダウンロードしましょう。

アプリがインストールされたら、スマホの画面の指示に従って登録を進めましょう。

※記事作成時には、アプリ以外での登録を確認できておりません。

 

 

 

登録は5つの簡単なステップで完了します。

日本語の表記で、難しい記入もないと思います。

以下の情報を入力しましょう。

 

アカウント作成01

アカウント作成01

 

1.ログイン情報の入力

2.生年月日や性別の確認

3.電話番号の入力

4.SMSに記載されている番号の入力

5.バンドルカードを発行する

 

登録お疲れ様です。

次は、実際の店舗で利用ができるカードを発行していきましょう。

 

実際のバンドルカードを発行

 

今までのステップで、バーチャルカードの発行が完了しました。

今度は、実際のカードを発行しましょう。

発行の手順は以下となります。

 

1.300円以上のチャージ(カード発行手数料)

2.カードの申請(住所等を入力)

3.手元に届いたカード情報を入力

 

300円以上のチャージが必要になります。

コンビニや、クレジットカードなどでチャージができますが、これからビットコインをチャージして使うので、ここはビットコインでチャージをして、使い方を学びましょう。

最初のトップ画面の「明細」、「カード」と並んでいる上部のメニューに、「チャージ」と記載されている箇所を確認してください。

 

チャージメニュー

チャージメニュー

 

チャージを押すと、「ビットコインでチャージ」の記載があるので、選択をしてください。

チャージの手順は以下になります。

 

1.チャージ金額を入力

2.Coincheck Paymentで送金手続き

3.チャージ完了となります。

 

リクエスト作成

リクエスト作成

 

画面下のリクエスト作成をクリックしてください。

 

金額入力

金額入力

 

金額を打ち込むよう指示が出ますので、希望の金額を入れてください。

最初は1000円でいいと思います。

もちろん、1000円分のビットコインを持っていないとダメですよ。

金額を打ち込んだら、「チャージ」をタップしてください。

そうすると、Coincheck Paymentのシステムが起動して、QRコードや、アドレス、BTCの数量が表示されるので、Blockchain.infoや、TREZORなどのウォレットから送金をしてください。

まだ、Blockchain.infoで送金をしたことない方は、こちらの以前の記事をご覧ください。

ビットコインの必需品!Blockchain.infoの使い方

2017.02.24

 

チャージ完了

チャージ完了

 

送金をすると「完了」が表示され、取引の確認のために60分程度時間がかかります。

ビットコインの送金に、どうしてこんなに時間がかかるの?と疑問に思う方もいると思います。

このことは以後、記事にして解説をしますので、気になった方はご覧ください。

取引の確認が取れると、チャージされたと通知が来ますので、トップページ上部の「残高」に、チャージした金額が表示されているか見てください。

無事反映されていれば、「チャージ」のメニューと同じ並びにある「カード」をタップしてください。

 

カード発行

カード発行

 

下へスクロールすると、リアルカード発行と表示されます。

「発行先を登録する」をタップをしてください。

 

登録情報記入

登録情報記入

 

送付先の情報を記入して、利用規約を確認して「発行する」のボタンをタップしてください。

これで、数日後にカードが送られてきます。

送られたカードの情報(セキュリティコード)を入力するように指示がされるので、指示に従って入力すれば全ての作業は完了です。

お疲れ様でした。

再度、チャージをしたい時は、カードを発行した時と同じように、リクエストを作成して利用してください。

これでVISA加盟店でビットコインが使って、買い物できてしまいます。

ビットコインがより身近に感じられます。

まさに、魔法のカードですね。

ビットコインのチュートリアルはここまでとなります。

分かりやすいように、後日ビットコインのチュートリアル記事の範囲をまとめます。

次回以降は、中級者となるためにアルトコインについての詳細や、技術的な情報もお伝えしたいと思います。

では、またお会いしましょう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

バンドルカードTop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です