ビットコインが10000ドルを突破!ナスダック上場

btc-news0002
この記事の所要時間: 23

 

ビットコインは、先日のATH(All Time High)から100万を超えた後も、続々と資金が集まり、10000ドルを突破した。

本日早朝に調整が入り下落したが、価格は10000ドルを超えている。

今では、ビットコインをバブルと切り捨てた銀行も気が気ではない。

ATHを更新する度に恒例ではあるが、各投機家は、「ビットコインの価格は高く、適正ではない」と呟く者が多い。

しかし、ここ数年その言葉に反して、価格は上昇を続けている。

高額になったBTC(ビットコイン)を警戒して、アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)を購入した者の多くは、残念ながらビットコイン建で資金を減らしているのが現状だ。

 

ビットコインの先物取引がナスダックへ上場する。

ビットコインに更なる好材料が出てきたことが、価格の維持に繋がっている。

バブルであると非難されているが、商品としてはとても魅力的であり、人気がある。

上場は2018年の前半を目指しており、CMEの先物取引に後を追うカタチだ。

大手投資家の参入も予測され、ビットコインだけではなく、暗号通貨全体に大きな影響を与えそうだ。

 

バブルと言われ続けているが、誰も適正価格が分からず、基準が存在しないのが現状である。

既に暗号通貨の市場価格は、30兆円を超えている。

これは、日本の国家予算の1/3程度だ。

問題を解決していき、決済手段として普及すれば、ここから数十倍の市場価格となっても不思議ではない。

 

日本では通貨として認められているが、通貨として使用するには問題があり、解決すべきことは多い。

まだ世間には暗号通貨は浸透しておらず、名前程度は聞いたことがあるに過ぎないビットコイン。

その中でも、ビットコインを日常生活で利用したことがある人は、極わずかでしかない。

本当の意味で通貨として認められた時、一体価格はいくらとなっているのか、それは生みの親であるSatoshi Nakamotoでも分からない。

価格の高騰は、これから購入する人を悩ませるが、通貨としてはまだ黎明期であるからこそ、恩恵も大きい。

再度調整があると囁かれている中、投機家たちは、新年に向けて新たに決断しなければならない。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

btc-news0002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です