バブルと言われ続け、BTCはこのまま100万を超えるのか?

Bitcoin-news0001

 

ビットコインはバブルであると、前々から言われ続けてきた。

特に今年は大きく注目を浴びたことから、批判の声もより一層大きい。

JPモルガンのダイモンCEOは、ビットコインはチューリップバブルより酷く、購入者は馬鹿だと発言した。

この発言により、過去の取引では一時下落したものの、またATH(All Time High)を更新した。

一時的ではあるが、日本円にして90万円近い値をつけた。

この上昇には、色々な要因がある。

 

今月11月のハードフォークに対して、概ねの方向が見えたことや、米CMEが先物取引をおこなうなど発表したことが挙げられる。

中国の存在も意識されていて、規制前のラッシュでチャイニーズマネーの流入があったためと推測もあるが、なかなか実態を把握するのは難しい。

中国国内では、取引所への規制があったため、国外への取引所へ避難しているようで、まだまだ影響があると考えられている。

 

率直なところ、多くの投機家たちや、関係者はこの上昇がどこまで続くは見当がついていない。

これはバブルだというホルダーもいれば、世界を変える技術であり、経済的な影響も大きいため、価格の上昇は妥当だと主張する者もいる。

新しい通貨であり、経済圏が大きく変えようとしているのだから、予想を上回るのも至極当然であろう。

しかし、国の規制や、ビットコインを取り巻く政治など、大きく下落する問題と常に対峙している。

通貨としての価格が安定していないことに加えて、スケーラビリティの問題は解決していない。

何かの拍子に崩壊に向かうかもしれない。

その時、どこまで下落するかは分からない。

ビットコインの価値は、市場に委ねるほかない。

 

私たちは常に選択を迫られている。

未来は誰にも分からない。

バブルであれば、何かをきっかけに多くの貧乏人を生み出し、これが革命となり経済圏を広げられれば、億万長者を多く輩出するであろう。

預言者はいない。

声が大きい者ほど願望を叫ぶ。

私たちは常に自分自身と対話し、選ばなくてはならない。

日に日に注目を集め、世界各国が無視できない存在になりつつビットコインは、一体どこまで行くのだろうか?

また今週も市場はビットコインを巡り、お金や、多くの感情が入り混じるだろう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
Bitcoin-news0001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です